2017年12月22日

こんなオチになるはずぢゃなかった。

あのよ

うちの姉ひめ

リトミックのお教室に

通いゆうがよ。

そうそう。

うちの支局の先生のところ。


お世話になって

かれこれ1年ながやけど

この前

改めて

あ〜こういうの大事やなぁって

思うたがやけどよ


想像する力って

人生を豊かにすると思うがね。


う〜んと

レッスンでこういうことしたが。


みんなで遊園地に行こうグッド(上向き矢印)

って先生が言うが。

もちろんほんまには行かんがで。

先生が画用紙に描いた

遊園地の絵を見せてくれてね


「楽しそうねぇ。

 ジェットコースター乗ってみようか」



先生のピアノ。

あたかも

ジェットコースターが

上まで

ゆっくりゆっくり昇っていく感じの

BGMで始まって

てっぺんまで来ました〜の右斜め上

ヒュー右斜め下

でリズミックなBGMに変わったら

子どもも

もちろん親も一緒に

「キャーわーい(嬉しい顔)

って

ピアノの周りを

ぐるぐる走り回るがやけど

それはそれは

子どもらのテンションが上がるがよ。


2歳やきね

ジェットコースターなんて

乗ったことないはずやけど

頭の中で

あの時

乗っちょったはずw


もちろん

ピアノ演奏に

助けられてる部分は大きいで。

けど基本

家でもできる

ちょっとしたことながって。


ないものをあると想像するきっかけを

大人が作ってあげて

一緒に楽しむ。


日々の暮らしの中で

そういう場面が

あればあるほど

その子の人生は

豊かになるんじゃなかろうか。


でもって

窮地に陥ってしまった時こそ

想像力が

わが身を助ける原動力になるんじゃなかろうか。


そして

私もまた…

想像してみようと思う。



私は若い。

まだまだ若い。

まだまだいける。

頑張ればいける。

諦めるな。

加齢に負けるな。

活性酸素に負けるな。



        土佐巻子


人気ブログランキングへ



















posted by RECOR at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月18日

ギブミー亜鉛

夕方以降は

手元の焦点が合わないため

末ひめの爪切りができません。



出産後

目がダメージを受けました。

土佐巻子です。



まぁよ…

普通に生きちょっても

四十路超えたら

びっくりするようなことが

身体に起こるもんよね。


その上

出産なんかしてごらんなさいや…。


この前らぁ

なんか

舌がピリピリするなぁ?

と思いよったらよ

その内

味がわからんなってよ

あれ?おかしい。

何?これ。


で、

日に日に悪化したきよ

病院行って

血液検査したらよ

亜鉛欠乏症やと。


何それ?

まぁ

読んで字の如くながやけんど

大事なものらしいわ

亜鉛。

その数値が

院内で

ワースト3に入りましたと。


それと

葉酸も足りませんと。


葉酸はあれよね。

女性が

女性らしくあるために

必要な

あれよね。


ほんで

薬もろぉて

飲みゆうき

だいぶ回復したけれども


昨日

気付いたがやけんど

爪がボロボロやね…。


カルシウム取られるきね…。

割れやすいがちや。

爪が…。


ほんでよ

姉ひめが

テレビ見もって

「ママの足と

 一緒やね」

やと。

かかとの角質を取るやつの

CMよね。


そうそう。

一緒やね…。


でもこれは

出産のダメージじゃないね。


妊娠する前からやきね…。



まぁよ

とにかく

いろいろむごいろ?w


けど

このまま

老けこむわけにはいかんがって。


なぜかというと

覚悟はしちょったけれども

この前

姉ひめの

幼稚園の面接に行った時

他のお子さんの

親御さんたちの

若さを

目の当たりにしてしまったから。


巻子よ…

加齢に負けるなexclamation


      土佐巻子

人気ブログランキングへ






posted by RECOR at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月17日

微妙な女心を手玉にとった話。

あのよ

なんかの記事で見たがやけど

妹が生まれた

姉の気持ちって

わかりやすく言うと

ある日

「今日から

 この娘も

 一緒に住むから

 仲良くしてやって」

って

同棲中の彼氏が

自分よりも

若くて

可愛らしい

小娘を

家に連れてきた感じらしいでw


そら

おもしろくないわねぇw


けど

彼氏に

気に入られたいがために

一生懸命

その小娘と

うまくやろうとするがやけど

時々

その存在が

無性に

憎たらしくなるらしいw


納得ちや。


けど

日々

生活を共にする内に

情が湧いて

可愛く思えてくるのも

これもまた然り。


今日

初めて

姉ひめが言うた。

「抱っこしてみたい〜」

ほんで

膝の上に

そ〜っと

お座りの体制で

抱かせたら

二人とも

にたぁ〜って笑って

照れ笑いしたみたいに見えたで。


ほんでしばらくして

最近

昼間は

抱っこでしか

眠らない

母乳派の末ひめに

哺乳瓶で

ぐびぐび

ミルクを飲ませて

お腹がいっぱいにさせて

深ぁく寝かし

そ〜っと

ベッドに置いた所で


小声で

「はよぅ

 ママのお膝へ来てexclamation

 ビッグチャンスexclamation 」

って

姉ひめを

誘ぉたら

ササササッて

飛び乗って来て

ギュ〜ってして

しばらく

ふたぁりで

イチャイチャしたことでしたw


だって

二人とも愛してるんだもの。

どっちか一人選ぶなんてムリィ。


とかいう

優柔不断の

優男の気持ちが

なんとなく

わかったちや。

       土佐巻子


人気ブログランキングへ

 




posted by RECOR at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月16日

この人生はなぞだらけ〜♪

「ママ、

 今日は全然怒らんね。

 こんなの初めて。

 どうして?」



姉ひめに

訝し気に

質問されました。

こんばんわ。

土佐巻子です。


そう

最近の姉ひめの口癖…

「どうして?」

もうよ

なんでもかんでも

「どうして?」

ながってw


おもちゃ片付けようよ

「どうして?」


ちゃんと座って食べなさい

「どうして?」


パジャマ自分で着てみて

「どうして?」


一事が万事

「どうして?」


ながって。


たぶん

深く意味もなく

自分の意と反することを

言われると

反射的に

言いゆうがやろうけど

1日100回ばぁ

「どうして?」って言われると

「どうしてもこうしてもないわね」爆弾

ってなるき


この「どうして?」攻撃に

どう対処しようか

模索の日々ながやけど

それこそ

昨日考え付いたのが

「どうして?」

と問われる度に

「どうしてと思う?」

と逆に問うてみる

という

必殺質問返しw


これやってみたらよ

一瞬考えて

「おぎょうぎわるいから」

とか

「かぜひいてびょういんでちゅうちゃすることになるから」

とか

割と

的を得た答えが返ってきてよ

「そうそう、その通り。」

って言うと

自分が言うたことやき

妙に納得して

素直に

行動したりしたがってね。


ほんで

冒頭の発言が出たわよw

結局

「どうして?」って

言われゆうがやけどw


ほんで

冒頭の質問には

こう答えた。

「ママね

 姉ひめのことが好きやき

 ほんとは

 怒りたくないがよね。

 今日は

 ひとっつも悪いことしてないき

 怒らずにすんだがよ。」


ほんならよ…

しばらぁく経って

今度は

事あるごとに

「ママ

 怒りたくないろ?

 やき

 怒ったらいかんで。」

って言いながら

触ったらいかんもん触ったり

お菓子の袋

床に放ったりするがってねw



2歳児に…

弄ばれゆうような気がする…。


        土佐巻子


人気ブログランキングへ

posted by RECOR at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月12日

怒りの沸点が自分でもわからない時がある。

あのよ

聞いてちや。



トイレ入っちゅう時ばぁよ

静かに

集中させてほしいがちや。


今朝の模様…

末姫が機嫌悪くってよ

ベッドに置いたら泣くき

最近お気に入りの

縦抱っこ用の

抱っこひもで

前に抱っこしてよ

個室に入ったわけよ。


ほんなら

これまた

機嫌の悪い

姉姫が

「ママ〜exclamation

 何しゆうがーexclamation&question

 早く出てきてexclamation×2



ドアを

ドンドンドンドンドンッexclamation×2

って

すごい勢いでたたく訳よ。


ほんなら

末姫が

その音にびっくりして

せっかく寝かかっちょったに

「ギャ〜exclamation×2

ってギャン泣きしてよ

もう

中から外から

ドンドンドンドンドンッexclamation×2

ギャ〜exclamation×2

ママ〜exclamation×2

どこーexclamation&question

って

ここよやっむかっ(怒り)


ほんま

叫びたくなったけんど

超がまんして

今すべきことに集中しようと思うて

静かに目を閉じて

深くため息をつき

頭の中に

浮かんだメロディが

戦場のメリークリスマスやったちやw


ほんでよ

そんなカオス的状況の中

瞑想状態で事を済まし

しばらくして

ドアを開けたら

姉姫がひとこと。


「おばあちゃん抱っこしてっexclamation×2


しょっちゅう

おばあちゃんに遊んでもらいゆうきやおね…

一番いかん間違え方したわよダッシュ(走り出すさま)


せっかく

怒りを鎮めて

事なきを得ようとしよったのに


このひとことで

思わず

「ママぞねっexclamation×2


って

まっこと

朝から

ムダに大きい声出してしもうたちや。


               土佐巻子


人気ブログランキングへ






posted by RECOR at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

マタニティブルー

あのよ

今回の出産

マジで

しんどかったがって。

って言うても

おかげさまで

予定日に

なんの問題もなく

母子共に健康に

出産できたがやき

ありがたいことながやけども

まぁ

何しろ

ことぉたわよふらふら

当たり前のことだけども

1人目の20代の時のそれとは

体力的に全然違うやん。

だけども

やることは

上の子らぁがおる分

1人目の時より

増えてるやん?

ほんま

しんどくてよ



退院して

しばらくして

なんか妙に不安に襲われてよ

俗にいう

マタニティブルーながやけんど

ほんま

鏡見る度に

自分がおばあになっていきゆう感じがしてよ

涙が出るがちや。


赤ちゃんの事で不安ながじゃなくて

そこ?

って思うた人

あやまってww


割と切実ながやき。




このまま

髪の毛も抜けて

目の下のクマも取れんままで

体重も減らんままで

お腹もへっこまんままで

子育てに追われて

所帯染みて

社会からも忘れられて

甘いものも食べ過ぎたらいかん

コーヒー吞んだらいかん

お酒吞んだらいかん

近所のスーパーにも一人で行けん

仕事もできん

なんちゃあできん

うわ〜んもうやだ〜(悲しい顔)

ってなってよ

まぁ

ほんの1週間位の間だけ

そんな風になってよ


けど

20代の時にはわからんかったけど

経験値があるき

わかっちゅうがって。

ホルモンのバランスが崩れちゅうせいっていうのは…。


やきよ

涙がつつっと頬を伝う度に

「はっは〜ん

 これはホルモンの仕業やね。

 大丈夫。

 直に復活する。

 今は

 こんな状況やけど

 今に見よれ。」

って

心の中で思いもって

でも悲しくて

泣きよったちやw


そんなこともありながら

てんやわんやの毎日を過ごし

あっという間に

生後2か月を迎え

今に至っております。


あっ

今回も女の子やったで。


夫の提案で

私の名の一文字を

娘の名にも入れました。


自分の名前って

実はあんまり好きじゃなかったがやけど

娘に託したおかげで

いいかもって思うようになりました。

単純w


出産っていうのは

何度経験しても

初めてのような感じです。

今度こそ

上手くやろうって思っても

いやいや…



初めてのように

苦しんで

初めてのように

痛くって

初めてのように

不安で

初めてのように

感動して

初めてのように

愛おしい。


この子が成人する時

私は64歳です。


この子の姉となった

もうすぐ3歳の姫が

先ほど

こう言いました。

「おおきくなったら

 ママにお酒買ぉて

 いっしょにのんじゃおきね」


さぁ

還暦過ぎるのが楽しみやw


          土佐巻子


人気ブログランキングへ




posted by RECOR at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月10日

この際育児日記にするき。

あのよ

1年ぶりに書いてみゆうがやけどw

この1年の間に

何があったかというと…。




出産したで。


え?耳

そうそう。


姫の後に

もう一人産んだわよw


奇跡やお?

確か

前回の時も奇跡やったはずやけどw


ひとりっこの私が

まさか

4人子どもを産むとは

我ながらびっくりちや。

しかも

その内2人は

40歳オーバーの超高齢出産やき。


やっぱり奇跡やろ。


やきよ

この奇跡を

大事にしたいと思ったのと

ずっと遠のいちょった

このブログを

最近発見してくれて

「見ましたよ〜exclamation

って言うてくれた人がおったがよ。

ほんで

思い立って

せっかくやき

このブログを

育児日記にさせてもらおうと思うてよ。



ということで

また

ぼちぼち

書いていこうと思いゆうき

よろしゅうに。


            土佐巻子


人気ブログランキングへ
posted by RECOR at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月14日

イヴ生まれなのに凶暴。

今年のクリスマスイヴで2歳を迎える姫。

最近

頻繁に連呼する言葉。



「ぎゅ〜して」

「ごはんおいしい!」

「ア〜イアイ」

「じいは?」

「パパは?」

「ちゃ〜ちゃんは?」(姉のこと)

そして

「ママこわいっ」(近所でふれまわるのはやめて頂きたい)


子どもの成長は早い。

でも

それ以上に

世の中の移り変わりは早い。


子育てに重きを置くと

社会に置いていかれ


仕事に重きを置くと

子育てに支障をきたす




どっちも大事なんだもんなぁ。



たぶん

世の中の母親は

仕事と育児のハザマで

試行錯誤

毎日毎日悩みながら

バタバタしながら

悶えながら

格闘している。



でもまぁ

きっと

こういうのを

幸せというのだ。



人からアテにされているということは



つまりは



幸せということだ。


               土佐巻子


ポチッとありがとう


人気ブログランキングへ














posted by RECOR at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月08日

新規事業の入口の話。

前回のブログでよ

新規事業のこと書いたがやけんど

あれ

具体的に言うと

リトミックのお教室運営の事ながよ。


あれ?

具体的に言うた割に

益々意味がわからんかったりする?


リトミックちなんで?

って話やと思うがやけんど


簡単に言うと

音楽を使った情操教育ながよ。


だいたいよ

3歳くらいの

自分のお子さんに

何かお稽古ごとさせたいって思うと

まず

ピアノとか…ってなるがよ。

ほんで

実際お教室来るやん?

ほんで

たいてい親御さん言うのが

「うちはプロにさせるとかそういうのじゃないですので

 そんな本格的じゃなくていいんです。

 ただ音楽を好きになって

 楽しんでもらえれば…」


うんうん、わかるがやけど

教える側からしたら

大いなる矛盾を感じるがよ。


だってよ

プロにさせるためじゃなくても

そうじゃなくっても

教える内容一緒やし

ある程度

弾けるようになるには

おうちで練習もしてもらわんと

話にならんがよ。


親御さんも

家でお宿題をさせるのに必死になって

ガミガミ言うてしもぉて

たいてい

子どももピアノキライになるか

もしくは

放任で

結果

レッスンの時だっけ

ピアノ触るような状態で来られても

それはそれで

全く進歩がないもんで

要するに結果が出んき

親御さん

納得せんわね。


というような矛盾。


ほんで

「やっぱり音楽の才能は

 ないみたいです」

とか言うて

ヤメテしまう訳やけんど

才能がないわけではないがね。

その才能の芽は

みんな持っちゅうがやけんど

うま〜く

発芽させるのが

割と難しかったりする。


こういうの

なんとかならんろうかって

前から思いよったがってね。


ほんで

出会ったのがリトミック。


お教室で

本人がピアノを弾くというのではなく

講師が

ピアノを弾いて歌って

子どもたちが

音楽で遊ぶんだけど

お遊戯ではなくって

音楽を通して

色、コトバ、リズム、音、

いろんな要素を見て触れて体験して

結果

自分で考え、行動し、表現する力をつける。

音楽的観点で言うと

音感

リズム感を

無理なくに

習得できるので

リトミックを経て

もしくは

併せて

ピアノや

他の楽器をすると

子どもにとっては

楽しく取り組めることができる

というようなことながよ。


まぁ

百聞は一見にしかず

やないけんど

とりあえず

私の娘にやらせてみろうと思うて

1歳のお教室に

通わせ始めたで。


今日で

5回目やったがやけど

とりあえず

毎回

超楽しそうやし

何より

親の私も一緒に楽しんじゅうw

なぜなら

こ〜んなに

我が子と1時間

何にも邪魔されず

密にコミュニケーション取れることって

そうないから。


また詳細は追々…


            土佐巻子


ポチッとありがとうわーい(嬉しい顔)
    ↓

人気ブログランキングへ








posted by RECOR at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月27日

気の長い話。

まぁよ

急になんやけどよ

営業っていうもんは

すぐに結果が出るもんじゃないでね。


売上がない

きゃあどうしよう!

そうだ!営業に行こう!

じゃあ

遅いでねw

当たり前やけどww


時代の移り変わりの速さと

うちの仕事の性質からしても

会社の内容も

どんどんえい意味で

変革していかんと

10年20年

続けていくのはしんどうろうね

という判断の元

実は

4年前から

新規事業の展開のチャンスを

うかがいよったがよ。


私よ

この仕事始めて

今年で10年目ながやけど

始めてほどなくして

このままじゃやばいと思うてよ

当時

ブライダル専門でやりよった

生演奏演出の仕事に加え

葬祭の方での生演奏をやりたいと思うて

それこそ営業に行って

結果が出たのが

約3年後。

それが軌道に乗って

さて…

このままじゃやばい

って思うてよw


いや

上手くいかんかったということじゃなくってよ

今頂ける仕事をこなすことだっけをしよったら

やばいですよね?

ってことでよ


次の展開を…

ということで思うたのが

教室運営ながよ。


それも

一般的なのじゃなくって

高知では

まだ浸透してなくって

けど内容的には

しっかりしたコンセプトがあって

しかも

子どもたちのための教室。


そう

当時

うちの会社で

顧客になり得る年齢層で

唯一

開拓できてなかったのが

子どもとその親御さんやったがよ。


何しろ

うちの経営理念は

「聴いてほしい音がある」

すべてのお客様が心豊かな人生を送れるよう

地域に貢献できる企業を目指します。

やきね。


心豊かな人生をって言うてもよ

その時その時の

サービスだけじゃダメながよね。

結局は

幼少期から

亡くなる手前まで。

点じゃなくて

線。

点と点を繋いでいく

仕事の仕方をしてないと

究極

心豊かな人生を送って頂く

サービスには

結びつかんなと思ってよ。

という意味で

幼少期における

音楽的アプローチは

心豊かな人間を育てるには

とっても有効であろうということで

教室運営。


ほんでよ

その4年前から

営業っていうか

こういう事やりたいがってね〜

って

いろんな人に

言うて回りよったがね。


ほんでもって

来年度から

それが実現しそうながってね。


詳細は追々

お知らせします。


まぁよ

会社を育てていくのは

時間がかかるって話。

そして

結果がわかるのは

だいぶ先の話。


子どもと一緒。


         土佐巻子

ポチッとありがとうわーい(嬉しい顔)
    ↓

人気ブログランキングへ










posted by RECOR at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記