2018年03月17日

巻子よしっかりせえ。

いやぁ〜

早、3月も半ばやね…。

まぁ

今年入ってからというもの

入試やら

幼稚園のことやら

夜泣きやら

インフルエンザやら

次から次へと

我が家のこどもたちに

翻弄されっぱなしの

毎日でよ

とにかく

1日1日

目の前の事を

こなすがに

精一杯やったがちや。




もうちょっと

上手くやれると

思うちょったがって。


人生経験も

そこら辺の若いママさんに比べればあるしよ

育児経験だって少ない方ではないしよ

割と

周りの人らぁも

あんたなら大丈夫やろ的な感じで

言うてくれるしよ

ほんまに大丈夫やと思いよったがって。


でも甘かったね。


子育てって

非合理と理不尽という

私の性格上

一番

向いてないものの上に

成り立っちゅうと思うがって。


合理性を追求すればするほど

子どもにムリがいき

理不尽さを正そうとすればするほど

自分にムリがいく。


わかっちゅうが。

こんなの一時の事やきね。


でもこの一時…

一番

私が笑顔でおらんといかん時に

笑顔を忘れそうになるというね。


でもね

今日

わかったことがあったがやき。

久しぶりの

なんちゃあない休日やってよ

午後から

ず〜っと

姉姫と末姫を

膝に乗せて

バスごっこしよったがって。

「ブッブ〜

 右に曲がりま〜すexclamation
 
 しっかりつかまってくださいね〜。

 は〜い。

 魚屋さんに到着到着〜るんるん

みたいながを

せがまれるままに

永遠にしよったがちや。

ほんで

ふと

前に置いてあった鏡に

目をやったら

二人の姫を

抱きかかえた私が

映っちょってよ


私も含め

3人とも

まぁなんとも楽しそうに

にっこにこでよ

それがまた

3人が

おんなじ顔しちゅうがって。


上等やんかねぇ。


ぜ〜んぶ

上手くやる必要ないやんね。

そして

この子たちが

おらんかった時と

おんなじペースで

生活をする必要もない。


焦るな私。


この子らぁを

こうやって

笑かすことができゆうがやき

それで

私の役割

ほぼ果たしちゅうよね。


きれいでおしゃれな

子育てなんてないし、


時短でお手軽な

子育てなんてない。



こうやって

まとわりついて

もぐれついて

泣いて

わめいて

笑って…

それを受け入れて

私も

一緒になって

泣いて

わめいて

笑って…。


そうやって

毎日毎日

子どもが巣立つ日まで

ただただ

一緒におるだっけで

母親上等。


         土佐巻子


人気ブログランキングへ





















posted by RECOR at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182720834

この記事へのトラックバック