2016年08月17日

なんかうざいんですけどぉと言われそうだが、別にかまん。

ちょっと聞いてや。


うちの姫が

夏カゼこじらせて

熱出したき

病院へ連れて行っちょったがね。


そこでの話ながやけんどよ


っていうか

小児科あるあるながやけんどよ


待合におる大人

全員

スマホ観ゆうがwww


でよ

問題なんが

当然

もれなく

全員が子連れやん。


でよ

たぶん

もれなく

全員が

私より年下ながってww


ほんでよ

うちの姫はまだ1歳やきよ

当然

じっとしてないし

私も目が離せんき

待合の一角の

プレイスペースに直行なわけよ。


ほんなら

そこには

先客のほったらかしの幼児が

たいていおるわね。


ほんで

そこで

初対面の0〜3歳ぐらいの子たちが

一緒のスペースで

一緒の遊具を共有して遊ぶ状況になるがよ。


ほんで

そこにおる大人は

私のみやきよ

いっつも

そのプレイスペースの担当みたいになるがってw


いやかまんがで。

子どもキライやないしよ。

姫にとっても

病気といえども

異年齢の子と遊ぶ

いい機会やしよ

プレイスペースを担当することがかまんが。


問題はよ

その

重役を

見ず知らずの

ちょっと自分より年かさのおばちゃんが

担いゆうという事実を

そのプレイスペースで遊びゆう

幼児たちの

私よりも明らかに年下の親たちは

わかった上で

スマホから

目を離さんのか?

ということながよw


いや

横目でチラッと

確認はしゆうらしいがよ。

だってよ

遠くから

スマホ片手に

足組んで座ったまんまよ

「○○〜、

 赤ちゃんに優しくしちゃって」

とか言いゆうきよww


ほんで

私は

「いやいや大丈夫ですよ〜

 仲良く遊んでくれてますよ〜」

とか言うがやけんどよ

心の中では

「いやいやいやいや

 あんたが

 我が子に優しくしちゃって」

って思いゆうきww


だってよ

たいがい

みんなえい子で。

けど時々

自分の使いゆうおもちゃを

他の子に貸したくない事とか

出てくるやん。

ほんで

「いや!」

「僕の〜」

とかいう声が出てきた時に

そういう前述のワードが出てくるがやけんどよ

たいがいそういうのって

その子が悪いがじゃないがで。

無理やりおもちゃを取ろうとする

別の子がおったりして

まぁ

自分は悪くないのに

優しくしちゃってとか言われてよ

不本意な状況になっちょったりするがよ。


ほんでよ

仕方ないきよ

私が

「大丈夫で。

 おばちゃんはわかっちゅうで。

 あんた悪ぅないね。」

っていう目線を

その子に送ったりするがよ。


ほんで

逆に

お片付けを率先してしたり

うちの姫に

優しくしてくれた時は

その子は

必ず

親の顔を

ちらっと見て確認するがよ。


まぁ

ほとんどその名場面は

親は見逃すわ。

だって

スマホに夢中やもん。


ほんでよ

おせっかいとは思いつつもよ

割と大きい声でよ

「いやっexclamation×2

 ○○くん優しい〜。

 おもちゃ貸してくれたがやねぇ

 ありがとうexclamation×2


とかって

わざとらしく

言うたりするがやけんどよ


全く



動じんきねww


いや

年下やきとか

おばちゃんやきとかいう

問題ではないね。

若くたって

よく子どもの事見ゆう人だっておるし

その逆も然り


他人のフリみて我がフリなおせ

っていう事ながやろうけんど


そういう

一見

ちっちゃ〜い

些細な出来事の

積み重ねで

毎日が1年になり2年になり

子どもって育っていくと思うがよね。


病院におる正味2時間ばぁのこと

やることないし

退屈かもしれんけんどよ

スマホかばんにしまってよ

目の前におる

我が子を

観察してみたらどうやろね?


割と

いろんな発見あると思うで。


          土佐巻子

ポチッとありがとうわーい(嬉しい顔)
    ↓

人気ブログランキングへ

posted by RECOR at 16:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
同感同感。すごいわかる。
仮にも具合悪くてきてるのに、ほったらかしって…いつももやもやしてました。
Posted by やまとも at 2016年08月18日 11:11
おぉ!わかってくれる?嬉しいちや!
もやもやするでね。多数決で言うたら、圧倒的に不利な状況やきねww
Posted by 土佐巻子 at 2016年08月18日 15:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176513003

この記事へのトラックバック