2016年06月27日

あと10年したらたぶん2B。

あのよ

みんなぁ

字書く時

何派?


私よ

何を隠そう

鉛筆派ながって。


ごめんよ

どうでもいい情報で。


けどよ

割と

私にとっては

大事な問題でよ

三菱鉛筆のHBって

決めちゅうがよ。

あの

昔ながらの

う〜ん

なんていうたらええかね。

濃〜い緑のが。


あれが一番

ノウがえい。


ほんでよ

クラリネットのレッスンとかで

生徒のエチュードとかに

書き込みたい時あるがって

そんな時

生徒が用意したがを使うがやけんどよ

100%

シャーペンながねww


そのまた昔は

シャーペンをレッスンで持って行くなんてことは

ありえんかったけどね。

けんつにした鉛筆を

2〜3本常備するのが

まぁ

音楽業界の常識やったもんよ。

えっ?言い過ぎ?ww


まぁよ

けんど時代よねwww


もぅそんな書くもん如きで

ピャーピャー言わんで。


「ここはね…

 アクセントね。

 えっと鉛筆…

 あ〜シャーペンはいはい。」


てな具合ながやけんどよ

そのシャーペンが

使いこなせんがってww


今どきのシャーペン

ほんま

腹立つがよ。


まずよ

昔みたいに

なんでも頭押せば芯が出てくると思うやいか。


それが出てこんがやき。


「あれっ?

 あれっ…?

 出てこん…」


「あっそれ…

 横です」


「横?」





まだわからんがねww


ほんで生徒が見かねて

カチカチしてくれるがやけんどよ

まさかの

通常

バインダーとかに引っ掛けるために

付いちゅうくを

カチカチしたりするがってww

「えっ?そこ?」

ってなってよ

ちょっと集中力欠くしよ

その後

いざ楽譜に書き入れる段になったらよ

今度

筆圧が強すぎて

芯が折れるがってww


鉛筆で慣れちゅうきwww


ほんで

なるだけ

脱力して

ほっそいうっすい字で

書く羽目になるきよ

イマイチ

説得力に欠けるがってね。


生徒が書いちゅう字とか見ても

薄くて見えんことあるきねww


ただでさえ、

目が弱っちゅうにww


2Hぐらいの薄さやきww


かというてよね

もう今更

若い子らぁに

鉛筆文化を

再び普及さすことは難しいろうき


これは

科学の進歩に期待するしかないろうかね。


シャーペンの芯を強くする技術か

私の眼の老化をくい止める技術か


もしくは

生徒の優しさで

鉛筆が用意されるのを待つか…。





一番早いのは

自分で

鉛筆を持参することやろねww


まぁ

持っていかんけども。


           土佐巻子


ポチッとありがとうわーい(嬉しい顔)
    ↓

人気ブログランキングへ










posted by RECOR at 15:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
けんつがつぼ。
Posted by やまとも at 2016年06月27日 22:13
私も久し振りに使ぉたww
Posted by 土佐巻子 at 2016年06月29日 15:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175843526

この記事へのトラックバック