2016年11月08日

新規事業の入口の話。

前回のブログでよ

新規事業のこと書いたがやけんど

あれ

具体的に言うと

リトミックのお教室運営の事ながよ。


あれ?

具体的に言うた割に

益々意味がわからんかったりする?


リトミックちなんで?

って話やと思うがやけんど


簡単に言うと

音楽を使った情操教育ながよ。


だいたいよ

3歳くらいの

自分のお子さんに

何かお稽古ごとさせたいって思うと

まず

ピアノとか…ってなるがよ。

ほんで

実際お教室来るやん?

ほんで

たいてい親御さん言うのが

「うちはプロにさせるとかそういうのじゃないですので

 そんな本格的じゃなくていいんです。

 ただ音楽を好きになって

 楽しんでもらえれば…」


うんうん、わかるがやけど

教える側からしたら

大いなる矛盾を感じるがよ。


だってよ

プロにさせるためじゃなくても

そうじゃなくっても

教える内容一緒やし

ある程度

弾けるようになるには

おうちで練習もしてもらわんと

話にならんがよ。


親御さんも

家でお宿題をさせるのに必死になって

ガミガミ言うてしもぉて

たいてい

子どももピアノキライになるか

もしくは

放任で

結果

レッスンの時だっけ

ピアノ触るような状態で来られても

それはそれで

全く進歩がないもんで

要するに結果が出んき

親御さん

納得せんわね。


というような矛盾。


ほんで

「やっぱり音楽の才能は

 ないみたいです」

とか言うて

ヤメテしまう訳やけんど

才能がないわけではないがね。

その才能の芽は

みんな持っちゅうがやけんど

うま〜く

発芽させるのが

割と難しかったりする。


こういうの

なんとかならんろうかって

前から思いよったがってね。


ほんで

出会ったのがリトミック。


お教室で

本人がピアノを弾くというのではなく

講師が

ピアノを弾いて歌って

子どもたちが

音楽で遊ぶんだけど

お遊戯ではなくって

音楽を通して

色、コトバ、リズム、音、

いろんな要素を見て触れて体験して

結果

自分で考え、行動し、表現する力をつける。

音楽的観点で言うと

音感

リズム感を

無理なくに

習得できるので

リトミックを経て

もしくは

併せて

ピアノや

他の楽器をすると

子どもにとっては

楽しく取り組めることができる

というようなことながよ。


まぁ

百聞は一見にしかず

やないけんど

とりあえず

私の娘にやらせてみろうと思うて

1歳のお教室に

通わせ始めたで。


今日で

5回目やったがやけど

とりあえず

毎回

超楽しそうやし

何より

親の私も一緒に楽しんじゅうw

なぜなら

こ〜んなに

我が子と1時間

何にも邪魔されず

密にコミュニケーション取れることって

そうないから。


また詳細は追々…


            土佐巻子


ポチッとありがとうわーい(嬉しい顔)
    ↓

人気ブログランキングへ








posted by RECOR at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記