2018年03月17日

巻子よしっかりせえ。

いやぁ〜

早、3月も半ばやね…。

まぁ

今年入ってからというもの

入試やら

幼稚園のことやら

夜泣きやら

インフルエンザやら

次から次へと

我が家のこどもたちに

翻弄されっぱなしの

毎日でよ

とにかく

1日1日

目の前の事を

こなすがに

精一杯やったがちや。




もうちょっと

上手くやれると

思うちょったがって。


人生経験も

そこら辺の若いママさんに比べればあるしよ

育児経験だって少ない方ではないしよ

割と

周りの人らぁも

あんたなら大丈夫やろ的な感じで

言うてくれるしよ

ほんまに大丈夫やと思いよったがって。


でも甘かったね。


子育てって

非合理と理不尽という

私の性格上

一番

向いてないものの上に

成り立っちゅうと思うがって。


合理性を追求すればするほど

子どもにムリがいき

理不尽さを正そうとすればするほど

自分にムリがいく。


わかっちゅうが。

こんなの一時の事やきね。


でもこの一時…

一番

私が笑顔でおらんといかん時に

笑顔を忘れそうになるというね。


でもね

今日

わかったことがあったがやき。

久しぶりの

なんちゃあない休日やってよ

午後から

ず〜っと

姉姫と末姫を

膝に乗せて

バスごっこしよったがって。

「ブッブ〜

 右に曲がりま〜すexclamation
 
 しっかりつかまってくださいね〜。

 は〜い。

 魚屋さんに到着到着〜るんるん

みたいながを

せがまれるままに

永遠にしよったがちや。

ほんで

ふと

前に置いてあった鏡に

目をやったら

二人の姫を

抱きかかえた私が

映っちょってよ


私も含め

3人とも

まぁなんとも楽しそうに

にっこにこでよ

それがまた

3人が

おんなじ顔しちゅうがって。


上等やんかねぇ。


ぜ〜んぶ

上手くやる必要ないやんね。

そして

この子たちが

おらんかった時と

おんなじペースで

生活をする必要もない。


焦るな私。


この子らぁを

こうやって

笑かすことができゆうがやき

それで

私の役割

ほぼ果たしちゅうよね。


きれいでおしゃれな

子育てなんてないし、


時短でお手軽な

子育てなんてない。



こうやって

まとわりついて

もぐれついて

泣いて

わめいて

笑って…

それを受け入れて

私も

一緒になって

泣いて

わめいて

笑って…。


そうやって

毎日毎日

子どもが巣立つ日まで

ただただ

一緒におるだっけで

母親上等。


         土佐巻子


人気ブログランキングへ





















posted by RECOR at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月24日

おむつ代がバカにならないの巻

あのよ

最近ってよ

トイレトレーニングって

焦ってせんでもえいらしいね。


子どもの意志に任せて

待ちよったら

自然に

オムツは取れるがやって。

ほんまかいな。


15年前の長男の時はよ

2歳の誕生日来たら

すっと始めてよ

トイレに

アンパンマンの絵を貼ってみたり

成功したら

ごほうびシール貼るとか

張り切って

やったもんやけどね…


らぁて思いゆううちに

姉ひめ3歳となったものの

一向に進まず

やっぱり

焦ってしまいゆうがやけどw


1月から

満3で通い始めた幼稚園で

トレーニングパンツをはかせてもろぉて

トイレに

連れていってもろうたりするがやけど

ものっすごい抵抗すると。


もちろん

家でも

絶対に嫌って言うがよ。


もぅよ

それが原因で

幼稚園へ行きたくないとか言うきよ

無理やりもいかんなぁと思いつつ


ある日

姉ひめを

私と向かい合わせで

膝に乗せて

言うて聞かせたことやった。


「もうそろそろ

 トイレに行ってみろうや。

 だいぶ

 おねえちゃんになっちゅうきよ。

 この前

 3歳になったろぅ?」

ほんならよ

目にいっぱい涙をためて

こう言うが。


「3歳になったけんど

 まだあかちゃんながよぉ。

 みんなぁも

 あかちゃんのときが

 あったれしょ?爆弾


半ギレやし。


「うん

 あったあった。

 けんど

 もう

 ママも

 赤ちゃんじゃないきよ

 トイレでしゆうで。」


「ママはなんさいになったの?」


「よ、よんじゅうよんさいです…」


「それ、なに?

 よんじゅうよんさいって

 なによぉおおおexclamationむかっ(怒り)


思わず

吹いたちやwww


まぁよ

1.2.3.4.5

位まで

わかるようになったばぁやきよ

よんじゅうよんさいらぁて

聞いたこともない世界よね。


ごめんちや。

聞いたこともない年齢でw


家では

こんな具合で

頑なに

オムツを死守しちゅうがやけんど

今日は

幼稚園で

2回成功したらしいで。


ちょっと前進かな。


まぁ

気長にやりますか…。


        土佐巻子


人気ブログランキングへ








posted by RECOR at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月13日

ドラマティックライフ

姉ひめが

幼稚園に通い出したがって。

満3で。

こういうの

ひっさしぶりやし。

名前書き。


っていうても

今回

私は

ほっとんどやらずに済んだがよ。


なぜかというと

小6の姉が

ほとんどやってくれたからw


持つべきものは

歳の離れた

頼りになる姉やねw


ほんま

長年

硬筆のお教室の

月謝を

払い続けた甲斐があったちやw


ちょっと前まで

このブログの主役ばりに

しょっちゅう登場しよったがやけど

まぁ

もう小6やきね…。


もうそろそろ

あれこれ書かれるのも嫌かなぁと思うてね…。


もうこれっきりにするわ。


今後しばらくは

あれこれ書いても

訳のわかってない


姉ひめと

末ひめ中心に

綴っていこうかとw


まぁとにかく

家では

1番えらい姉ひめも

幼稚園に行くと

園で1番の年下の

泣き虫らしく

慣れるまでしばらくは

何かと

大変やもしれんね。


まぁ

私も頑張らんとね。


上の二人が

小学校に上がった時

あぁ

もうこれで

自由や…。


自分の時間も

だいぶ増えるし

第2の青春を謳歌しよう

と思い

謳歌した結果


また

長い長い

幼稚園生活が

始まったがやき

人生

何が起こるかわからんね。


とりあえず

4月の入園式に

いかに

若作りするかが

目下の課題よね。


       土佐巻子

人気ブログランキングへ









posted by RECOR at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月28日

結果、1回でグッと腰回りが締った気がする

この前よ

接骨院へ

骨盤矯正に行ったがよ。

産後半年まで

骨盤がゆるゆるになるホルモンが

出ゆうき

その間に

ちゃんと

あるべきところに

骨盤を収めちゃらんと

腰痛になったり

体型が元に戻らんなったりすると。

私よ

骨盤ベルトとか

煩わしくって

なんちゃあ

しやせんがって。

それでも

今までは

あっという間に

元の体重に

戻りよったがやけんど

さすがに

この歳で

もし戻らんかったりしたら

無残やん?

やき

今回は

プロにお願いすることにしたがちや。


ほんでよ

女性の先生が

施術しもって

いろいろ説明してくれてよ


「産前はいてたパンツ、

 まだはけんでしょ?

 それが

 この矯正をしたら

 割と早い段階で

 はけるようになります。」

って言うきよ

「いや…

 パンツは

 ずーっとおんなじのはいてますけど…」

「えーっexclamation&question

 それはすごいですね。

 めずらしいexclamation×2

「え?

 そうですかねぇ。」


なんか

会話に違和感を感じて

しばらくして

ようやく気付いたがよ。


先生が言ったのは

ズボンのことやね。


はいはい。

なるほど。


納得。


前々から思いよったけども

世間では

いつから

ズボンのことを

パンツというようになったろうね?

こういう勘違いが起こるきよ

ズボンはズボン。

パンツはパンツ。


これで統一しようや。


もぅ

ボトムスとか

インナーウェアとか

そういうがもなし。


もう

世界規模の事情は

この際

えいきよね


ズボンはズボン

パンツはパンツ



しましょうや。


         土佐巻子

人気ブログランキングへ





posted by RECOR at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月26日

彼女なりの努力。

「ねえねえママ〜。

 ママのセーター

 こうやってこうやって

 引っ張らんなったろ?

 なんでやと思う?」


姉ひめが

にやにやしもって

私の袖口を

ぐいぐい

引っ張る真似をしもって

言うてきた。


「そういえば

 そうやね。

 なんで?」


「だって

 3歳だからexclamation×2


超ドヤ顔やきww


クリスマスイブに

3歳のお誕生日を迎え

思うところあったようで

とりあえず

ママの

セーターのすそを

綱引きのように

引っ張って

伸び伸びにする行為を

自粛することにした模様。


そして

もうひとつ

食事中に

お行儀悪く

席を立って

うろうろする行為も

止めようとしているらしく

食事の度に

「ほらね

 ぜんぜん

 動いてないで」



何度も言うてくるがってw


すごいぞ

3歳exclamation

えらいぞ

3歳exclamation




ティッシュペーパーやら

お菓子の袋やら

持ってきて

「これ

 高い所に

 置いちょきや。

 触って

 いたずらしたらいかんきね」







いやいや

そら

君が

そのことを

自覚してくれたら

高い所へは

置かんでもかまんがってw



早く

お姉ちゃんになってほしいような


もう少し

赤ちゃんでおってほしいような


君のキモチも

一緒よねぇ?


お姉ちゃんになりたいような

赤ちゃんでおりたいような…。


まぁ…


少しずつでいいわね。


とにかく

3歳姉ひめ

お誕生日おめでとう。


           土佐巻子

人気ブログランキングへ






 
posted by RECOR at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月23日

なんか負けた気がする

年末も近くなるとよ

スーパーのチラシやら

忘年会の楽し気な投稿やら

どこもかしこも

ごちそう&アルコールで

盛り上がっちゅうやん?


母乳育児真っ只中の

私からしたら

ほんま

憎々しくなってよ

夫に

「もう授乳やめろうか」

って

冗談半分で言うたら

「かわいそうやんか。

 飲ましちゃりや」

って

サラッと

言うきよ

私だって

いろんなもん食べたいし

お酒も呑みたいわ

と思うて

ちょっとムッとしてよ

「あのよ

 私がどんだけ

 頑張って

 母乳を絞り出しゆうかわかる?」

って詰め寄ったらよ

「どんなに

 頑張りゆうが?」

って

逆に問われてよ

「そらあれよ。

 白米をいっぱい食べ

 栄養をしっかり取り

 お酒を断って

 睡眠時間をたっぷり取り…」



ここまで言うて

そんなに威張って言うほどの

頑張りじゃないことに

気づいて

笑けてきてよw

にやにやしもって

「ストレスを溜めんように

 頑張り過ぎず…ww」


どんだけ頑張りゆうかを

主張したかったのにも

関わらず

もはや

頑張らんことにしちゅうことを

主張してしもうたちや。


ということで

非常に

健康的なクリスマスを

送れそうで

これ幸いです。


末ひめよ

ありがとう。


         土佐巻子

人気ブログランキングへ










 
posted by RECOR at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月22日

こんなオチになるはずぢゃなかった。

あのよ

うちの姉ひめ

リトミックのお教室に

通いゆうがよ。

そうそう。

うちの支局の先生のところ。


お世話になって

かれこれ1年ながやけど

この前

改めて

あ〜こういうの大事やなぁって

思うたがやけどよ


想像する力って

人生を豊かにすると思うがね。


う〜んと

レッスンでこういうことしたが。


みんなで遊園地に行こうグッド(上向き矢印)

って先生が言うが。

もちろんほんまには行かんがで。

先生が画用紙に描いた

遊園地の絵を見せてくれてね


「楽しそうねぇ。

 ジェットコースター乗ってみようか」



先生のピアノ。

あたかも

ジェットコースターが

上まで

ゆっくりゆっくり昇っていく感じの

BGMで始まって

てっぺんまで来ました〜の右斜め上

ヒュー右斜め下

でリズミックなBGMに変わったら

子どもも

もちろん親も一緒に

「キャーわーい(嬉しい顔)

って

ピアノの周りを

ぐるぐる走り回るがやけど

それはそれは

子どもらのテンションが上がるがよ。


2歳やきね

ジェットコースターなんて

乗ったことないはずやけど

頭の中で

あの時

乗っちょったはずw


もちろん

ピアノ演奏に

助けられてる部分は大きいで。

けど基本

家でもできる

ちょっとしたことながって。


ないものをあると想像するきっかけを

大人が作ってあげて

一緒に楽しむ。


日々の暮らしの中で

そういう場面が

あればあるほど

その子の人生は

豊かになるんじゃなかろうか。


でもって

窮地に陥ってしまった時こそ

想像力が

わが身を助ける原動力になるんじゃなかろうか。


そして

私もまた…

想像してみようと思う。



私は若い。

まだまだ若い。

まだまだいける。

頑張ればいける。

諦めるな。

加齢に負けるな。

活性酸素に負けるな。



        土佐巻子


人気ブログランキングへ



















posted by RECOR at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月18日

ギブミー亜鉛

夕方以降は

手元の焦点が合わないため

末ひめの爪切りができません。



出産後

目がダメージを受けました。

土佐巻子です。



まぁよ…

普通に生きちょっても

四十路超えたら

びっくりするようなことが

身体に起こるもんよね。


その上

出産なんかしてごらんなさいや…。


この前らぁ

なんか

舌がピリピリするなぁ?

と思いよったらよ

その内

味がわからんなってよ

あれ?おかしい。

何?これ。


で、

日に日に悪化したきよ

病院行って

血液検査したらよ

亜鉛欠乏症やと。


何それ?

まぁ

読んで字の如くながやけんど

大事なものらしいわ

亜鉛。

その数値が

院内で

ワースト3に入りましたと。


それと

葉酸も足りませんと。


葉酸はあれよね。

女性が

女性らしくあるために

必要な

あれよね。


ほんで

薬もろぉて

飲みゆうき

だいぶ回復したけれども


昨日

気付いたがやけんど

爪がボロボロやね…。


カルシウム取られるきね…。

割れやすいがちや。

爪が…。


ほんでよ

姉ひめが

テレビ見もって

「ママの足と

 一緒やね」

やと。

かかとの角質を取るやつの

CMよね。


そうそう。

一緒やね…。


でもこれは

出産のダメージじゃないね。


妊娠する前からやきね…。



まぁよ

とにかく

いろいろむごいろ?w


けど

このまま

老けこむわけにはいかんがって。


なぜかというと

覚悟はしちょったけれども

この前

姉ひめの

幼稚園の面接に行った時

他のお子さんの

親御さんたちの

若さを

目の当たりにしてしまったから。


巻子よ…

加齢に負けるなexclamation


      土佐巻子

人気ブログランキングへ






posted by RECOR at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月17日

微妙な女心を手玉にとった話。

あのよ

なんかの記事で見たがやけど

妹が生まれた

姉の気持ちって

わかりやすく言うと

ある日

「今日から

 この娘も

 一緒に住むから

 仲良くしてやって」

って

同棲中の彼氏が

自分よりも

若くて

可愛らしい

小娘を

家に連れてきた感じらしいでw


そら

おもしろくないわねぇw


けど

彼氏に

気に入られたいがために

一生懸命

その小娘と

うまくやろうとするがやけど

時々

その存在が

無性に

憎たらしくなるらしいw


納得ちや。


けど

日々

生活を共にする内に

情が湧いて

可愛く思えてくるのも

これもまた然り。


今日

初めて

姉ひめが言うた。

「抱っこしてみたい〜」

ほんで

膝の上に

そ〜っと

お座りの体制で

抱かせたら

二人とも

にたぁ〜って笑って

照れ笑いしたみたいに見えたで。


ほんでしばらくして

最近

昼間は

抱っこでしか

眠らない

母乳派の末ひめに

哺乳瓶で

ぐびぐび

ミルクを飲ませて

お腹がいっぱいにさせて

深ぁく寝かし

そ〜っと

ベッドに置いた所で


小声で

「はよぅ

 ママのお膝へ来てexclamation

 ビッグチャンスexclamation 」

って

姉ひめを

誘ぉたら

ササササッて

飛び乗って来て

ギュ〜ってして

しばらく

ふたぁりで

イチャイチャしたことでしたw


だって

二人とも愛してるんだもの。

どっちか一人選ぶなんてムリィ。


とかいう

優柔不断の

優男の気持ちが

なんとなく

わかったちや。

       土佐巻子


人気ブログランキングへ

 




posted by RECOR at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月16日

この人生はなぞだらけ〜♪

「ママ、

 今日は全然怒らんね。

 こんなの初めて。

 どうして?」



姉ひめに

訝し気に

質問されました。

こんばんわ。

土佐巻子です。


そう

最近の姉ひめの口癖…

「どうして?」

もうよ

なんでもかんでも

「どうして?」

ながってw


おもちゃ片付けようよ

「どうして?」


ちゃんと座って食べなさい

「どうして?」


パジャマ自分で着てみて

「どうして?」


一事が万事

「どうして?」


ながって。


たぶん

深く意味もなく

自分の意と反することを

言われると

反射的に

言いゆうがやろうけど

1日100回ばぁ

「どうして?」って言われると

「どうしてもこうしてもないわね」爆弾

ってなるき


この「どうして?」攻撃に

どう対処しようか

模索の日々ながやけど

それこそ

昨日考え付いたのが

「どうして?」

と問われる度に

「どうしてと思う?」

と逆に問うてみる

という

必殺質問返しw


これやってみたらよ

一瞬考えて

「おぎょうぎわるいから」

とか

「かぜひいてびょういんでちゅうちゃすることになるから」

とか

割と

的を得た答えが返ってきてよ

「そうそう、その通り。」

って言うと

自分が言うたことやき

妙に納得して

素直に

行動したりしたがってね。


ほんで

冒頭の発言が出たわよw

結局

「どうして?」って

言われゆうがやけどw


ほんで

冒頭の質問には

こう答えた。

「ママね

 姉ひめのことが好きやき

 ほんとは

 怒りたくないがよね。

 今日は

 ひとっつも悪いことしてないき

 怒らずにすんだがよ。」


ほんならよ…

しばらぁく経って

今度は

事あるごとに

「ママ

 怒りたくないろ?

 やき

 怒ったらいかんで。」

って言いながら

触ったらいかんもん触ったり

お菓子の袋

床に放ったりするがってねw



2歳児に…

弄ばれゆうような気がする…。


        土佐巻子


人気ブログランキングへ

posted by RECOR at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記